INFORMATION

JERCからのお知らせ

現地校は、地域によって時期は異なりますが、そろそろ長い夏休みがやって来ます。親にとっては毎年、夏休みをどのように過ごさせるか悩みの種となっているようです。

サマースクール、サマーキャンプ、国内旅行、日本への一時帰国等々、金銭面での計画も必要となりますが、お子さんが有意義な夏休みを過ごせるよう、家族で話し合われてはいかがでしょうか。

1、規則正しい生活と学習

夏休みはどうしても不規則な生活になりがちです。自宅で過ごす場合は、午前中に勉強、午後から自由な時間として区切るとよいですね。夏休み中は英語から遠ざかる環境になりますから、サマースクールやサマーキャンプに参加して、英語力後退を防ぐ必要もあります。Reading, Writing, そして文法の勉強は大切ですね。

また普段、現地校の勉強や宿題に追われて、日本語での学習がなかなか進まないでしょうから、夏休みがチャンス!時間を掛けましょう。読書の時間を設けたり、作文や感想文を書いたり、日記を書くことも文章力アップにつながります。学校で使わない「漢字」を覚えるのはとても時間がかかりますから、夏休み中に、これまで習った漢字を復讐しておきましょう。

2、保護者の方へアドバイス

夏休み中に日本へ一時帰国され、日本の学校へ体験入学を希望されるご家庭が多いのですが、長期間、日本語で学習をさせると、これまで培った「英語力」が落ち9月からの新学期に影響を与え兼ねません。特に米国滞在2年以内のお子さんは、英語力が付き始めた時期ですので、学習言語を変えない方が宜しいかと思います。

夏休みは、各家庭の教育方針が顕著に表れるのですが、家庭教育の在り方によってはお子さんのステップアップが望めますので、親子でガンバリましょう!日々成長する子どもに『学習の休息』はありません。目標を設定した学習計画、旅行計画を立て、お子さんと共に有意義な夏休みを過ごしてください。

関連記事一覧