アメリカ生活を始める方へ

JERCがアメリカ生活スタートをサポート

企業の駐在員として、あるいは永住するために米国での生活を始められる方へ、お知らせしておきたい大切なことをこのコーナーでお伝えしていきます。
異文化での生活はとても忍耐力を必要とします。言語も習慣も違う中で右往左往。お子さんを帯同されたならば、学校の問題や英語、日本語という言葉の問題も考えなくてはなりません。しかしこのような困難は家族が一丸となって協力していけば、きっとお子さんにとっての財産になります。頑張りましょう!

これから生活を始められる方は、まず住居を探さないと、と考えられる方が多いのですが、まずお子さんの学校探しを最初に行ってください。全日制日本人学校がある地域であれば、日本人学校か現地校にするかの選択をします。日本人学校に決められたならば、できるだけ学校に近い場所で住居を探されるとよいでしょう。
現地校(公立)と決められたならば、できるだけ治安の良い優良地域内の学校を選んでください。米国は優良地域イコール優良学校区なのです。とてもハッキリしていて、どのような生徒が在籍しているかによって、その学校のレベルが決まっています。通いたい現地校が決まりましたら、その学校で決められた地域内で住居を探しましょう。やはりできるだけ近い所がよいですね。

通う学校が決まり住居が決まりましたら、いよいよアメリカ生活がスタートします。これから子育てについてアメリカの学校教育について、そして海外での子どもの教育について大切なことを、皆さんにお伝えしていきますのでどうぞ参考になさって下さい。充実した有意義な海外生活を送っていただけるよう、私もサポートさせていただきます。お電話やメールでご質問、お悩みなどお寄せください。

ステップ①学校選び~現地校か全日制日本人学校か~

学校を選ぶ場合、通える範囲に全日制日本人学校があれば、現地校への編入か日本人学校への編入かの選択ができます。その際の判断をどのような基準で行えばよいのでしょうか。これはあくまでも長年の経験から、効率がよいだろうという観点からお伝えしております。個人差があるということを踏まえ、各家庭の教育方針で選択されることをお勧めいたします。

①駐在の方で 3 年以内に帰国する予定であれば、全日制日本人学校で学び学力を落とすことなく、日本の学校へスムースに戻り学ぶことができます。3 年間では英語力を身に付けるための時間が短いですね。学ぶところまで到達しないで、リスクだけ負って戻る可能性はあります。

②駐在が 5 年以上になる予定の方は、最初から現地校を選ばれてもよいでしょう。アメリカの教育、そして英語で学んだことで得た英語力は身に付いているものと思われます。

③永住予定の方は、長期で計画が立てられます。お子さんが幼児の場合、就学するまで全日制日本人学校でその後、現地校へ編入するのもよいでしょう。就学前から英語漬けにすることは、母語が育つことなく英語で学習することになり、言語の柱ができていないまま学習することになり、その後の成績への影響が懸念されます。要注意です。

④何歳で海外生活がスタートしたのか、これは学校の選択をする上で大きく影響します。就学前・・・母語である日本語が確立されていないことから、できれば日本式の幼稚園に入れてあげましょう。先生やお友達の話している言葉が理解でき、自分が思っていることを話すことができる環境が最適です。言葉が理解できない環境に置いておくことは、知能の発達の上でも、たいへん危険であると云わざるを得ません。8 歳後半までに母語は確立します。

小学校低学年・・・2 年生ぐらいまで日本語で学びその後、英語で学んだ子どもがいちばんバイリンガルになる可能性が高いと言われています。現地校で学びながら日本語でも学習することになりますが、最初から現地校を選ばれても、努力するお子さんであれば問題はないと思われます。

小学校高学年・・・現地校も全日制日本人学校も、4 年生くらいから授業内容が急に難しくなりますので、滞在年数によりよく検討される必要があるでしょう。現地校で学べば確実に日本語学習の学力は低下するでしょうが、日本人学校であればまったく問題はありませんので、よく検討してください。英語力ゼロで高学年からスタートする場合、本人の努力と親のサポートが必須となります。

中学生以上・・・将来、高校受験の問題が出てきますのでよく考えましょう。日本人学校出身で受験するのか、現地校出身者として受験するのかを選ぶことになります。それによって学ぶ学校が決まってきます。現地校は中学からレベル分けされたクラスで学ぶ教科があり、小学校とは違い一段と厳しくなります。

子どもの教育は、保護者の方の教育方針に沿って育てられることが大切です。そして海外ではお子
さんと共に歩む姿勢が強く求められます。ご質問がございましたらいつでもお寄せください。

ステップ②住居を決めて学校へ編入申込み

編入を希望する学校が決まりましたら、次に住居を決めることになります。保護者が車で学校への送迎をしなければならい学校区、スクールバスも利用できる学校区がありますが、できるだけ
学校から近い所に決められた方が宜しいでしょう。徒歩で通学できる距離ですと楽ですね。駐在のご家庭では、同じ会社の前任者の住居をそのまま引き継いで入居されるケースがあります
が、それもよい方法ですね。他方、現地のリアルターに依頼し、物件を探してもらいます。学校名を伝えれば居住エリアが分かりますので、その範囲内で探すことになります。
住居が決まりましたら、いよいよ学校のオフィスへ出向き編入の申請をします。その際、お子さんのパースポートを持参してください。学校側から書類一式が渡されますので、受け取って持ち帰りま
しょう。その中に医師に記入していただく書類があります。ホームドクターを決めてそのオフィスに出向いてください。その際、母子手帳(英文)も持参します。
提出書類が整いましたら再度、学校のオフィスに出向き提出します。その際、英語が母語でない生徒が受けるテストの日時が伝えられますので、後日、指定の場所へ行ってテストを受けましょう。
手続きなど終わりましたら学校へ通うことになります。システムや編入手続き方法等は、市の School District(学校区)によって異なりますので、各自ご確認ください。

ステップ③アメリカの学校教育

アメリカの教育は“民主主義を守るための教育です。国民ひとりひとりがしっかりと自分の意見を明確にし、発言できるように教育するわけです。
アメリカは連邦政府の教育局と各州の教育局があり、州内の学校教育に関しては州の教育局が管轄しています。そして各市に School District(教育委員会のような組織)を設けています。州としての学校の校則やカリキュラム、教育プログラム、そして各学年で指導する内容などは、州教育局が基本を決め、細かな事柄は School District や各学校で決めることができます。キンダーから 12 年生までが義務教育となっています。

学校教育のための予算は、アメリカでは不動産税で賄われています。移民のための英語教育プログラム「ESL プログラム」は、連邦政府の予算で行われています。家庭で話す言語が英語以外の生徒は学校でこの ESL プログラムを受け、ESL 生徒として扱われます。但し、外国人が少数の地域は、ESLプログラムを実地していない可能性があります。
アメリカの教育方法で特徴的なのは、子ども達にものの考え方をプロセスで教えていく「CriticalThinking」を取り入れた教育です。キンダーから高校まで、教師は教科を指導する中で、必ず生徒に質問をしながら進めます。ただ知識を与えるだけの教育ではなく、自分の考えや意見を持ちそして発言できるように指導しています。

キンダーからその教育は始まります。クラス内で生徒が順番に前へ出て話すのです。例えば自分が大切にしている物を持って来て、その物について説明をします。小学校になると新聞の中から一つニュースをピックアップして皆の前で発表します。質問も受けることがあります。
このようにアメリカの教育は、個性を育むため様々なプログラムを与えながら指導しているのです。
現地校のシステムは各州によって異なります。
(例)キンダーガーテン(1年間)― 小学校(5年間)― 中学校(3年間)― 高校(4年間)キンダーガーテンは小学校への準備機関で、教科を学び成績も付けられますので、キンダーに入学する前にプリスクールに通い就学のための準備をします。
小学校までは学級担任がいますが、中学校から決まったクラスが無くなり、生徒が教科担当教師のクラスに出向いて授業を受けます。また中学から成績によりクラス分けされている教科があります。
レギュラークラス、オーナークラス(成績優秀者)です。いつもチャンスを与える現地校ですが、例えば8年生で数学が優秀な生徒は、高校で9年生の授業を受けることもできるのです。

“ほめて育てる”が信条のアメリカの教育は、常に成績がよい生徒を表彰する行事があります。高校などでは成績優秀者には毎月校内で表彰している学校もあります。
公立の高校を卒業する場合、卒業資格試験に合格をしないと卒業できませんので、単位の取り方も含めて調べておくとよいでしょう。